苦味ある、

苦味のあります、ブラック・コーヒー、こちらのほうが、私の好みなのです、実は。そして、飲みなれました甘くはないコーヒーを飲みながら、日ごろ、カバンの中に入れまして丁寧に保管しながら持ち歩いています、歌詞カードを取り出しました。
こちらの歌は、国内だけではなくて、海外でもすでにご活躍されています日本人の歌手の方の若いころの歌です。それを、私は、今年も歌いまして、喜んで、懐かしい昔に浸っているのです。
この歌をさらに深く覚えたくて、紙とボールペンをカバンの中から出してきまして、歌詞カードを見ながら、丁寧に書き出していきました。実は、私、目の調子が、まだよくはありません。ですから、無理をしないように、これからさらに良くなることを願いながら、大きな字でボールペンで書いていました。
実は、私は、今年の秋に歌のコンテスト・予選会にて、この歌で、受賞をしました。神に書き出している間、ありがたいなぁと思いました。そうなのです、この歌は、私からしましても、ありがたい歌なのです。この歌が、発売されてよかったなぁと、しみじみ思いました。
人生って、正直なところ、つらいこと、やりにくいこともあるには、あるんです。そして、いいこともありました。

 

ボールペンをかばんから取り出して京都でシエンタを高く売る方法を模索する