夏の発表会

昨日幼稚園の発表会がありました。年少組の娘はタンバリンを。まぁそれはびっくりタンバリンの構えがなぜか顔の真横。そしてタンバリンを叩くところで、叩かず頭を触り、叩こうとする頃には、鈴のグループ。それには娘も私たちの方をみて苦笑い。自由表現では仲の良い子とウサギ役を。ピョンピョン跳ねながら出てくるのですが、跳ねすぎ。カエルの間違えかと思うほど。台があって、一段降りて、踊り出すところも、娘が一段降り『◯◯ちゃん大丈夫?』と娘が大きな声で、それにつられ仲の良い子も『◯◯ちゃんも大丈夫?』と娘の名前を呼んでいて。まぁ自由表現だからこれもアリなのか?と思いながら最後まで観ていました。最後の幕が閉まる時は私たちに『ママ〜』と手を振りたい放題。さすが年少さん。ただ3歳、4歳成り立ての子が一生懸命に歌を覚え、楽器を鳴らすタイミングを覚え、自由表現を覚えたりと、すごいなぁと思いました。それを教える先生方2名はさらに大変だし、すごいと思いました。帰りは三女の病院へダッシュで行き、ついでに次女が低身長のため受診しました。半年後の経過観察になりました。それから歯医者のフッ素予約をしていた為、長女、次女を歯医者へ連れて行き、とてもハードな1日でした。